インディードで、シニア求人に応募する。

仕事探し検索サイト「インディード」から、シニア求人に応募するにはどうすれば良いか。

 

これが実は、いろいろとパターンがあって面倒くさい。

 

たとえば、通常の求人情報誌や情報サイトでは、自社に出稿された求人情報が掲載されている。

 

そのため、応募方法は「電話」か「メール」で行うことが一般的だ。

 

またインターネット上にある普通の求人情報サイトでは、応募フォーム(必要な情報を書き込んで送る仕組み)で送信するタイプの方がメジャーかも知れない。

 

あらかじめ履歴書を作っておいて、それを応募した企業側に公開するという仕組みのところもある。

 

どちらにせよ、だいたいワンパターンの応募方法が指定されている。

 

インディードでは、応募方法が統一されていない

 

ところがインディードの場合、応募方法は決まっていないし、統一もされていない。

 

というのもインディードには、有料で求人情報を出している企業もあれば、無料で情報を登録している企業もある。

 

また直接インディードに求人情報をアップしている企業もあれば、自社のHP内の求人情報ページを提供しているだけの企業もある。

 

そのため、応募方法が統一されておらず、出稿企業の希望する方法で応募しないといけないのだ。

 

では、どのようなパターンがあるのか。


 

インディードの求人広告に応募するパターン

 

インディードに掲載されている求人広告は、大きく分けて三つのパターンがある。

 

それは

  • 企業ホームページの、採用情報ページから集めた求人広告
  • タウンワークなど、他の求人サイトから寄せられた求人広告
  • 企業が直接、求人情報を書き込んで出稿した求人広告

という三種類だ。

 

そのため、広告によってはジャンプするページが全く違ったりする。

 

色んなページや、色んなサイトにジャンプするので、「あれ?」と言うことになる。

 

このあたりが、インディードのサイトのややこしいところだね。

 

では、どういう風にページが遷移するのかを、いくつか紹介しよう。

 

インディードで仕事を探す

 

インディード 求人ページの遷移

  • インディードの検索結果 → 小窓が開いて赤いボタンが表示 → インディードの応募フォーム
  • インディードの検索結果 → 小窓が開いて青いボタンが表示 → 企業の求人情報ページ → 企業サイトの応募フォーム
  • インディードの検索結果 → 小窓が開いて青いボタンが表示 → 別の求人サイトの個別ページ → 応募フォーム
  • インディードの検索結果 → インディードの個別ページ → 企業の求人情報ページ → 企業サイトの応募フォーム
  • インディードの検索結果 → インディードの個別ページ → 別の求人サイトの個別ページ → 応募フォーム

 

いきなり小窓が開いて、インディードの応募フォームがでる場合

インディードの検索結果をクリックすると、「この求人に簡単応募」という赤いリンクがでることがある。

 

この場合は、インディードが直接、求人情報を取り扱っていて、クリックすると赤いボタンがでる。
インディード 直接

 

この赤いボタンをクリックすると、次のような簡単な応募フォームがでるので、必要事項を書いてクリックしていくと、応募が完了する。

 

インディード 応募フォーム
これはちょっと簡単すぎるね。

 

その他の場合も、次のページで図解してみよう。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加