インディードで、求人に応募する手順

インディードで、求人に応募する場合、応募フォームを使う。

 

応募フォームに、メールアドレスやその他の必要事項を記入して、送信する。

 

ところがこの応募フォームが、どこにあるのかは一定しなくてマチマチだ。

 

というのもインディードというのは、あくまでも求人情報の検索サイトだからだ。

 

様々な求人広告を集めて掲載しているサイトなので、求人広告の提供元によって、応募フォームのありかは様々なのだ。

 

応募フォームの色々
  • インディード自体の応募フォーム(赤いボタン
  • 外部の別の求人サイトの応募フォーム(青いボタンから遷移)
  • 募集企業のサイトの応募フォーム(青いボタンから遷移)

 

インディードで仕事を探す

 

インディードのページ遷移のパターン

インディード自体の応募フォームについては、前のページ(インディードのシニア求人に応募するには?)で説明したので、それ以外のパターンを図解する。

 

まず、検索結果のページから、興味がある求人広告をクリックする。


【図解】インディードで、求人に応募する

 

スポンサー広告の場合は、すぐに小窓が開いてボタンがでる。
【図解】インディードで、求人に応募する


 

オーガニック広告(無料広告)の場合は、インディード内の個別ページに遷移する。


【図解】インディードで、求人に応募する

 

外部ページへ移動するパターン

 

別の求人サイトの個別ページにリンク

 

求人広告を出稿している別のサイトへジャンプする。

 

この広告の場合は、タウンワークという求人サイトだ。

【図解】インディードで、求人に応募する

因みにタウンワークも、インディードと同じリクルート傘下で、タンワークの情報は、殆ど全てインディードに載っているっぽい。

 

もちろん、他の求人情報サイトの求人広告も載せているのが、インディードの大きな特徴になる。

 

企業の採用情報ページにリンク

一方、企業が直接求人広告を載せている場合は、その企業の採用ページにジャンプすることが多い。

 

これは、既にネットで募集をかけているような企業が広告を出している場合だ。

【図解】インディードで、求人に応募する

 

このほかにも、あらかじめ履歴書データを登録しておいて、それを応募先企業に送付するという形の応募方法もある。

 

それにしても、やぱりバラバラで困っちゃうね。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加